[第17回]

入替戦…好敵手の応援にハピブー集結!

(2018年6月3日 掲載)
富山が熊本を退け、B1残留を決めた入替戦(横浜アリーナ)

 B2プレーオフ決勝の死闘から1週間後の月曜日、今季ハピネッツに所属した7人の選手の名が自由交渉リストに載りました。頭に思い浮かんだのは、フリースローのときに肩を組むベンチメンバー。選手たちが一体となってコートに立つ仲間に念を送る姿は、今季のハピネッツの象徴でもありました。去就はまだ定かではありませんが、まずは一人一人にありがとう、と言いたいです。

各地のブースターとの出会い

 今シーズン私が参戦したのは60試合中、25試合。そのうちの19試合がアウェー戦で、北は岩手から南は熊本まで足を運びました。大田区を本拠地とするアースフレンズ東京Zを除けば、B2チームの拠点はほとんどが地方都市。大企業をバックボーンに持つB1チームに比べれば会場も小規模です。しかし、どこに行っても「おらがチーム」を愛する熱いブースターがいて、その熱気は決してB1チームに引けを取りませんでした。

 今シーズンほどアウェー戦が楽しかったことはありません。高校の修学旅行以来の奈良ではインバウンド観光客に慣れたアグレッシブな鹿に迫られ、香川では本場の讃岐うどんを堪能。福岡では空港で明太子にとんこつラーメンにと欲張っていたらうっかり飛行機に乗り遅れるという悲劇もありました。数え切れないほどの思い出がありますが、心に残ったのは各地のブースターとの出会い、そして彼らとの交流です。「(名物パンの)クリームボックスはすぐ売り切れるから早く!」と勧めてくれた福島ブースターや「連勝すごいねえ、追いかけたくなる気持ちわかる!」とハーフタイムに話しかけてくれた信州ブースター、そしてシゲの熱烈ファンである熊本のおいさー君こと侑大君。人との縁に恵まれたシーズンでした。

ともに戦った熊本、岩手のために

 その「縁」を改めて感じたのが先月27日に横浜アリーナで開催されたB2・B3及びB1・B2入替戦でした。ハピネッツは関係ないにもかかわらず、20人近くの首都圏在住ハピネッツブースターが会場に集結。中にはブースター感謝祭には行かずに秋田からバスで駆けつけたという夫婦もいて、首都圏ブースターの度肝を抜きました。そのハピブーの多くが応援していたのが同じB2チームの岩手ビッグブルズと熊本ヴォルターズ。1シーズンをともに戦い抜いた仲間として、声援を送らずにはいられなかったのです。

B1昇格を願う熊本ブースターのTシャツ

 B2岩手とB3八王子トレインズの対戦では、朝8時からハピブー仲間と並んで席を確保し、声を尽くして岩手を応援しましたが、無念の敗戦となりました。3年前にはともにbjリーグの有明ファイナルに進出した岩手のB3降格は本当に残念ですが、東北の猛牛は力を蓄え、再び立ち上がるはずです。

 B1富山グラウジーズはbj時代からの好敵手であり、決して降格してほしかったわけではありません。しかし、熊本にはB2勢の底力と意地を見せてもらいたかったのです。とかく首都圏のB1チームに日が当たりがちなBリーグですが、B2もどっこい負けてないよ!なめんなよ!そんな気持ちでした。接戦の末敗れ、昇格は果たせませんでしたが、B2勢の実力を全国に示してくれた熊本ヴォルターズ。いつか同じB1のチームとして再戦できることを願っています。

B2の魅力を伝え続けたい

 B2というフィールドで戦うことは、当初我々が望んでいたことではありませんでした。しかしハピネッツとブースターはここでかけがえのない出会いに恵まれました。9月に新しいシーズンが始まりハピネッツはB1に戻ります。けれど私はB2の試合も見に行くつもりです。自宅から行きやすい東京Z、B2に衝撃をもたらした八王子、昨年の我々同様に雪辱を誓う島根スサノオマジックと西宮ストークス。他にもたくさんの魅力的なチームがひしめいています。B1にしか興味のない人にB2の良さを伝えたい。それができるのは、この2年で両方を体験したハピブーではないかと思うのです。

 来季のハピネッツがどんなチームになるかはまだ分かりません。この原稿を書いている時点で契約発表はまだありません。しかし、1年でB1復帰という約束を守ってくれたハピネッツというチームを私は信じています。しばらくはチームの公式発表にやきもきする日々が続きますが、新たな選手との「縁」を楽しみに、嬉しい知らせを待ちましょう。

ヤマグチ・ユカ
プロバスケBリーグ、秋田ノーザンハピネッツのアウェー会場を中心に出没するブースター。ツイッターアカウント名「ピンクモジャ」。ユーモアとチームへの愛情あふれるツイートが一部のブースターの間で人気。観戦前は対戦相手の地元の名物料理を食べて気合を入れる。秋田市出身、東京在住のワーキングウーマン。時折かぶる変なお面の下は秋田美人?
ツイッター@crazypinkmoja