• セクハラ疑惑の狛江市長、辞任へ 

     東京都狛江市によると、女性職員へのセクハラを指摘された高橋都彦市長が22日、辞職する意向を示した。

  • 中国が自動車関税を引き下げ 

     【北京共同】中国政府は22日、輸入自動車に対する関税を現行の25%から15%に引き下げると発表した。7月1日から実施する。

  • 「スポーツ範疇を超えている」と関学大監督 

     関学大の鳥内秀晃監督は「愕然としている。アメリカンフットボールあるいはスポーツの範疇を超えているものだと改めて感じた」とコメントした。

  • 「刑事告訴も検討」と負傷選手の父 

     悪質なタックルで負傷した関西学院大選手の父親は22日、「激しい憤りを覚える。監督やコーチが最初からけがさせようとしていた。会見を見て刑事告訴も検討せざるを得ない状況だ」などとするコメントを発表した。

  • 商工中金が業務改善計画を提出 

     商工中金は22日、経営の効率化や経営管理体制の強化を柱とした業務改善計画を経済産業省に提出した。

  • 「アメフットやるつもりない」と宮川選手 

     宮川選手は今後について「この先アメリカンフットボールをやるつもりはない」と語った。

  • 監督とは「意見を言える関係ではなかった」 

     日本大の宮川選手は、内田前監督との関係について「意見を言える関係ではなかった」と述べた。

  • 米英メディアなどが訪朝 

     【北京共同】AP通信によると、北朝鮮北東部豊渓里の核実験場廃棄の式典取材が認められた米英などのメディア関係者は22日、プレスセンターが設置される東部元山に到着した。

  • 内田前監督は「やらなきゃ意味ないよ」 

     日本大の宮川選手によると、悪質なタックルをする意思を伝えたことに対し、内田前監督は「やらなきゃ意味ないよ」と話した。

  • コーチ通じて前監督から指示と宮川選手 

     日本大の宮川選手は、関西学院大との定期戦前日に、コーチを通じ内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明した。