スペイン、ロペテギ監督電撃解任 サッカー、W杯直前に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スペイン代表のロペテギ監督解任について記者会見する、同国サッカー連盟のルビアレス会長=クラスノダール(ゲッティ=共同)

 【モスクワ共同】スペイン・サッカー連盟は13日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する同国代表のフレン・ロペテギ監督(51)を解任したと発表した。

 ロペテギ監督はW杯後に同国1部リーグの強豪、レアル・マドリードの監督に就任することが12日に発表された。スペインは15日に1次リーグB組でポルトガルとの初戦に臨むが、大会直前の異例のタイミングで代表を離れることになった。

 スペインのアス紙(電子版)によると、後任には元同国代表選手で、スペイン代表の強化責任者を務めているフェルナンド・イエロ氏が有力視されている。