ゴルフ、日本女子が首位発進 ジュニアW杯第1日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ゴルフのトヨタ・ジュニアW杯第1ラウンド。首位に立った日本の古江彩佳の17番ティーショット=12日、愛知県中京GC石野(ゲッティ=共同)

 ゴルフのトヨタ・ジュニアワールドカップ(W杯)は12日、愛知県中京GC石野で第1ラウンドが行われ、日本は女子が首位、男子が3位で発進した。各チーム3人中、上位2人のスコアで争う女子は8アンダーの136。古江彩佳(兵庫・滝川二高)と西村優菜(大阪・大商大高)が68をマークした。

 4人中の上位3人の成績で競う男子は首位スペインと5打差の5アンダーの208。中島啓太(東京・代々木高)が67で回った。