あの店・この逸品[ファミリーレストラン123]NEW担々メン いり卵と辛さが調和

お気に入りに登録
看板メニューの「NEW担々メン」。辛さや甘さが絶妙に調和する一杯だ

 にかほ市象潟町の漁港近くにある「ファミリーレストラン123(ひふみ)」。丼ものや焼きそば、カレー、スパゲティ、定食など多彩なメニューがそろうが、多くの客が注文するのは担々麺だ。4種類の担々麺の中でも1番人気が「NEW担々メン」(税込み760円)。中華の修業をした店主の村上一美さん(64)が腕を振るう一杯は、トッピングのいり卵や肉のまろやかな甘みがスープのピリッとした辛さと調和する看板メニューだ。

 10種類のスパイスを配合した自家製ラー油や、白ごまペースト、白湯スープなどを合わせて作ったたれに、鶏がらや豚骨を約5時間煮込んだスープを注ぐ。濃厚な味わいのスープにこしのある食感の中太麺が絶妙に絡み合う。

(全文 929 文字 / 残り 626 文字)

お店の情報

にかほ市象潟町荒屋下21
TEL0184・43・4900
営業時間は昼が午前11時~午後3時、夜は午後5~9時(ラストオーダー8時半)
水曜定休

この連載企画の記事一覧