県生連、住民訴訟を提起へ 「にかほ陣屋」補助金問題

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
にかほ市金浦の「にかほ陣屋」

 秋田県にかほ市の6次産業化拠点「にかほ陣屋」の施設の一部を焼き肉店に変えたのは県補助金の目的外使用に当たるとして、県生活と健康を守る会連合会(県生連、鈴木正和会長)は8日、県を相手取り、運営会社に損害賠償を請求するよう求める住民訴訟を秋田地裁に起こすと明らかにした。提訴は11日の予定。

 訴訟では、施設が農産物の付加価値を高める6次産業化の目的を果たしていないとし、建物改修によって生じた損害を県が運営会社に賠償請求すべきだと主張する方針。

(全文 417 文字 / 残り 196 文字)