10日から「白神ウイーク」 散策や講演…新たな魅力発見を

お気に入りに登録

 白神山地の世界自然遺産登録25周年を記念するイベント「春の白神ウイーク」が10~17日、秋田県藤里町で開かれる。白神山地でのサイクリングやトレッキングのほか、生態系についての講演などが行われる。各イベントを主催する町や県山本地域振興局は「さまざまな角度から白神山地を楽しめる企画を用意した。足を運んで新たな白神の魅力を発見してほしい」としている。

 初日の10日は、定員20人の「岳岱プレミアムライド」と題したサイクリングを開催。白神山地世界遺産センター藤里館からバスで岳岱自然観察教育林に移動。あらかじめ運ばれた自転車に乗り、同館まで約23キロの山下りを楽しむ。

(全文 729 文字 / 残り 447 文字)