「ふるさと電報」サービス開始 さきがけデジタル社【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
ふるさと電報の台紙に貼った電文をチェックするスタッフ

 秋田魁新報社の子会社「さきがけデジタル」(秋田市、加藤卓哉社長)は6日、新たな電報サービス事業「ふるさと電報」をスタートした。

 ふるさと電報は、秋田魁新報のおくやみ欄と連動し、簡単に弔電の申し込みができるのが特徴。インターネットと電話で受け付けている。おくやみ欄を見てネットで申し込む場合、専用サイトに故人の名前を入力すると、喪主や送付先が自動的に表示される。電話の場合、故人の名前をオペ-レーターに伝える。

 ネットの受付は24時間。電話は午前9時~午後5時、専用窓口はTEL050・3196・9797。ふるさと電報事業への問い合わせはTEL018・896・6733

(全文 524 文字 / 残り 240 文字)

インターネットによる申し込みはこちら