芝桜、豪雨に負けず可憐に 横手市でフェスタ、27日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鮮やかに咲くシバザクラ

 秋田県横手市大森町の春の恒例行事「芝桜フェスタ」が大森リゾート村で開かれている。ネキリムシの食害や昨夏の豪雨により、まばらな部分もあるが、被害を免れた白や紫の花がかわいらしく咲いている。27日まで。

 住民有志でつくる実行委員会(吉田仁一委員長)が毎年開催しており13回目。約8千平方メートルの丘陵地に約20万株が植えられている。

 花びらの中央が薄紫で外側が白の「多摩の流れ」や、鮮やかな赤紫の「スカーレットフレーム」など6品種を楽しめる。20日は地元の太鼓保存会や県南のよさこいグループが演奏や踊りを披露し、来場者を楽しませた。

(全文 630 文字 / 残り 365 文字)