政府、AI活用で人材育成策議論 「情報」を入試科目にと首相

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
未来投資会議であいさつする安倍首相=17日午後、首相官邸

 政府は17日、未来投資会議を開き、人工知能(AI)やデータを活用して新しいビジネスを生み出し、人手不足などの社会問題を解決できる人材の育成策を議論した。安倍晋三首相は、プログラミングなどを学ぶ「情報」を、大学入試で国語や数学といった主要な試験科目に追加するよう林芳正文部科学相に指示した。林業の成長産業化も議論した。

 安倍首相は「人材育成は何よりも重要な課題。あらゆる分野で加速していく」と述べ、AIやIT分野の人材育成を促進する考えを示した。世界でAI人材の需要が高まり争奪戦が激化する一方、日本では人材が不足しており、状況の改善を狙う。