横手29度、東由利と湯沢28・6度 県内各地で気温上昇

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ふるさと村の中庭で涼を取る家族連れ=16日午後1時45分ごろ

 秋田県内は16日、高気圧に覆われて晴れ渡り、各地で気温が上昇した。26観測地点のうち21地点で最高気温が25度以上の夏日となり、16地点で今年に入って最も高い気温となった。

 秋田地方気象台によると、横手市では午後2時すぎに29・0度を記録。このほか、由利本荘市東由利と湯沢市28・6度、大館市27・5度、秋田市25・9度など、各地で6月上旬から7月下旬並みの暖かさとなった。

 横手市の秋田ふるさと村では、中庭の池で涼を取る家族連れの姿が見られた。2歳の長男を連れて大仙市から訪れた主婦福島和歌子さん(40)は「日差しは強いが、風は爽やか。子どもと初夏の雰囲気を満喫できた」と話した。

(全文 423 文字 / 残り 131 文字)