都市対抗野球1次予選、東北切符懸け18日開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 第89回都市対抗野球1次予選県大会が18日、秋田市のさきがけ八橋球場で開幕する。10チームが参加し、3日間の日程で熱戦を繰り広げる。優勝、準優勝チームは来月1日から7日間、岩手県で行われる2次予選東北大会に進む。

 大会27連覇を狙うTDKが優勝争いの中心。バットコントロールが巧みなルーキー飯野周太を起点に、加藤介馬、皆川普ら勝負強い打線で得点を重ねる。先月のJABA秋田春季大会で好投した畠山慎平、小野憲生ら力のある投手陣を中心に守備も安定。総合力で優位に立つ。

(全文 513 文字 / 残り 280 文字)