北日本から北陸、風雪強く 日本海側、寒気の影響残る

お気に入りに登録

 強い冬型の気圧配置の影響で、北日本と北陸、関東甲信の山沿いを中心に18日も雪や風が強い状態が続き、積雪が昨冬までの最大記録を上回った地点もあった。冬型の気圧配置は19日以降、徐々に緩むが、寒気の影響で日本海側を中心に雪が続く地域もあり、注意が必要だ。

 気象庁によると、18日夕方までの24時間で、北海道から北陸や、群馬県で30センチを超える降雪があった。北海道幌加内町や岩手県一戸町、宮城県栗原市では18日昼にかけて昨冬までの最大積雪に並ぶか上回るなど、各地で平年の2倍を超える積雪になっている。