ギフト包装を考案、選考会で優秀賞 大仙市出身の久保田さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
永年勤続者へのギフト包装を考案し、優秀賞を受賞した久保田さんの作品

 「第2回リンベル・カタログギフト・ラッピング大賞」の「永年勤続表彰の部」で、大賞に次ぐ優秀賞を受賞した千葉県船橋市のパート久保田俊子(しゅんこ)さん(56)=旧姓金持=は旧秋田県協和町(現大仙市)出身。休日に通うラッピング講座で「ギフト・ラッピング講師」の資格を取っているが、今回の受賞を「期待していなかったので、うれしい」と素直に喜ぶ。

 大賞はカタログギフトの企画・販売のリンベル社(東京・中央区)主催。久保田さんが受賞したのは、永年勤続の社員へのギフト贈呈を想定した包装で、デザイン性や実用性などを基に審査。包装した箱を重ね置きしても崩れず、作りがシンプルで包み方が容易であることなどが評価された。

(全文 778 文字 / 残り 476 文字)