北海道で車70台、一時立ち往生 暴風雪の影響、停電も

お気に入りに登録

 北海道南部のせたな町と今金町内の道路で17日午後、暴風雪の影響で車70台が動けなくなり、一時立ち往生した。せたな署によると、同日夜に全て解消し、けが人や体調不良を訴える人はいなかった。

 署によると、同日午後1時ごろから「吹きだまりに突っ込んでしまい、身動きが取れない」「渋滞で動けなくなった」などの通報が相次いだ。午後2時ごろから、複数の場所で立ち往生が発生したとみられる。

 北海道電力によると、せたな町など道南部で最大約4千戸が停電した。大雪の影響とみられる。