地上イージス国会議員の視点:共産党衆院議員・沖縄1区 赤嶺政賢氏

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
赤嶺政賢氏

 米軍基地による大きな負担を抱える沖縄県選出の衆院議員。地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の候補地に挙がる陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)が、住宅地に近接していると知った時、「沖縄以外にもそんなところが」と驚いたという。

 レーダーによる電磁波の影響については「沖縄にもレーダーがあるが、住民は健康被害を心配している。仮に被害が出たとしても、因果関係が証明しにくい」と話す。地上イージスについては「長距離巡航ミサイルを搭載すれば、敵基地攻撃能力も持つことになる。軍拡につながる道は選ぶべきではない」と考える。

(全文 702 文字 / 残り 433 文字)

この連載企画の記事一覧