LED20万個、冬の大館彩る シャイニングストリート開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大館市の中心部を彩る「シャイニングストリート」

 冬の大館市をイルミネーションで彩る「大館シャイニングストリート」が9日、市立総合病院前から秋田看護福祉大学付近までの市道約800メートルで始まった。通りに並ぶ約70本のケヤキに黄金色の発光ダイオード(LED)電球約20万個が輝き、街が華やかな雰囲気に包まれている。来年1月14日まで。

 市民有志でつくる実行委員会(蔦谷達徳委員長)の主催で11回目。点灯式では蔦谷委員長(49)が「誇りに思える明るい大館にしたいという思いから活動している。今年も開催できたのは皆さんのご支援があってこそ」とあいさつした。

(全文 582 文字 / 残り 330 文字)