ミシュラン認めたラーメン、羽後町に 品川さん、来月出店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イベントで腕を振るう品川さん

 東京でラーメン店を経営する品川隆一郎さん(38)が、来年1月下旬に出身地の秋田県羽後町三輪地区に新店舗を開く。8日は、一足早く町内で品川さんのラーメンを販売するイベントが「道の駅うご 端縫いの郷(さと)」で始まり、町民らでにぎわった。10日まで。

 品川さんは湯沢高校を卒業後に上京。ラーメン店でアルバイトをするうちに自分の店を持ちたいと思うようになった。20歳から首都圏の店で修業を重ねながら全国を食べ歩き、27歳のときに夢をかなえた。

 現在は都内で3店舗を経営。スープのベースとなるしょうゆや比内地鶏、トッピングの野菜などは本県産を使用している。また、3店舗のうち「中華そば しながわ」は、湯沢市の業者が稲庭うどんの製法を取り入れ製造した麺を使用した「稲庭中華そば」を提供。同店は飲食店などの格付け本「ミシュランガイド東京」に2015年版から毎年掲載されている。来春には米国にも出店する予定。

(全文 873 文字 / 残り 475 文字)